三菱冷蔵庫MR-B46Dに買い替えて1カ月半過ぎました【レビュー】

三菱冷蔵庫MR-B46D冷蔵庫
この記事は約3分で読めます。

6月23日に三菱冷蔵庫MR-B46Dが届いて、約1か月半が経過しましたので、またまたちょっとだけ、我が家なり、僕なりに感じたことを書いてみたいといます。

こんにちは、NORI(@norino_mono)です。

三菱冷蔵庫MR-B46D
スポンサーリンク

三菱冷蔵庫 MR-B46Dに買い替えて一か月半後の感想

冷蔵室

冷蔵室の中はだいぶ増えてきましたが、まだ隙間があります。

三菱冷蔵庫MR-B46D
汚くてすみませんが、我が家の冷蔵庫の現在の状況です

冷蔵庫は基本、隙間を空けて使うのが省エネのルールですので、バッチリです。

設置できるスペースがあれば大容量の冷蔵庫はオススメしたいです。

フレッシュゾーン

ワイルドチルド

妻がお弁当のおかず用に買ってきたものとか入れています。納豆とかも入れてますが、容量が大きいのかまだまだ隙間が空いてます。

氷点下ストッカールーム

冷蔵室内にワイルドチルドと氷点下ストッカールームのふたつがあるため、取扱説明書を読まない妻は使い方がわからないみたいで、妻の買い物はお刺し身でもワイルドチルドです。僕が、肉を買ってきた時には結構使っています。

瞬冷凍庫

こちらは、現在もアイス専用になっていて、瞬冷凍庫としては機能していません。

妹には、せっかくいい機能が付いてるんだからもったいないじゃん!って言われました。

スーパーで肉を買ってきた時に、忙しい時に小分けせずに突っ込んじゃって使うときにすぐに使えるのは便利なので、涼しくなってアイスの購入量が減ったら使うようにしていきたいと思います。

冷凍室

三菱冷蔵庫MR-B46D
冷凍食品と鶏肉やアイスが入ってます

夏休みに入ると子供がお弁当を持って行くようになるため、冷凍庫の冷凍食品が占める割合が大きくなって暑くなると食べたくなるアイスを入れるスペースが追いやられ気味になるんですが、コンスタントにアイスを買ってきているんですが、まだ余裕があります。

基本、冷凍庫は詰めて使った方が省エネになると言われています。

もう少し上手に使えたらいいなと思っています。

野菜室

野菜室は朝どれ野菜室と言う、野菜を新鮮に保つ効果がありますが、今のところ野菜はあまり買い置きをしたりしていなくて、買ったり、もらってきたりしてスグに使ってしまうので、あまり使っていないのが現状でペットボトルとお米の保存容器が大半を占めています。

もう少し野菜庫を使わなきゃ、もったいないなって思います。

スポンサーリンク

三菱冷蔵庫MR-B46Dを一か月半使った僕なりの感想

三菱冷蔵庫MR-B46Dを一か月半使った僕なり、我が家なりの感想です。

沢山入る

前の冷蔵庫と比較しちゃうのは、違うかもしれませんが前の冷蔵庫は345Lタイプ。今回は455L。比べる事自体間違いかと思いますが、なんせ110Lの差は大きいです。

良く冷える

冷蔵室に入れてあるジュースや食べ物も良く冷えますし、アイスもしっかり凍ってます。

当たり前と言えば、当たり前ですが以前の冷蔵庫が古かったのもあったのですが、良く冷えて安心です。

まだまだこれから

まだまだ使いこなせていないのかな?って感じがしています。

冷蔵室もペットボトルとビールばっかり。僕はほとんど飲んでませんが…。

もっと、作り置きしたものを保存したり等の使い方をしていきたいと思います。

もう少し使い込んで、また記事にしたいと思います。


6月20日にMR-B46Dの後継機種(になるのでしょうか?)MR-D46Eが発売されて、値段はこなれてきているみたいですが在庫がなくなってきているみたいです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました