三菱冷蔵庫 MR-B46Dに買い替えて一週間後の感想

冷蔵庫
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、NORI(@norino_mono)です。

三菱冷蔵庫 MR-B46Dに買い替えて、一週間経過しましたので、ほんのちょっとだけ、感じたことを書いてみたいと思います。

※現在発売されている後継機種の型番はMR-B46Fになっています。

三菱冷蔵庫 MR-B46Dに買い替えて一週間後の感想

新しい物を使い始めると、ウキウキしたり、ワクワクしたり…。

自動製氷が便利

今まで頑張っていてくれた冷蔵庫は、345Lタイプで自動製氷機能がついていませんでした。

容量の小さい冷蔵庫には、ついていないものもあるみたいですが、買い替えの時に、家電量販店に見に行った時には400Lを超える冷蔵庫には、ほとんど付いていた気がしますので特別な機能では無いと思いますが、我が家では初の自動製氷機能。今までは、製氷皿に水を入れて氷ができたら、氷のトレイ?に移して水を入れて…と僕がやっていましたが、氷を作るスペースが少なくて、そうめんを茹でた後に氷を多めに使うと、無くなってしまって氷を増やすまでに時間がかかったり、氷を作り忘れてしまうと子供の水筒へ入れる氷が少なかったりとおっちょこちょいな僕には、暑くなってくる季節は大変でした。

今回は、給水タンクに水を入れておけば、勝手に氷を作ってくれるのでとても便利。毎晩お米と研ぐときに冷蔵庫をチェックしていて残りが少なくなったら、水を入れています。

そろそろ一週間になるので、給水タンク、給水ポンプのお手入れをしなきゃいけないです。

水洗いでいいみたいなのですが、最初のうちはいいかもしれませんが、ちょっと面倒くさいなと思う日が来ると思います

家族とも、みんなお気に入りの機能

瞬冷凍庫

三菱冷蔵庫の特徴に、瞬冷凍庫と言うのがあり食材をそのまま冷凍し、解凍しなくてもキレちゃうので、時短でクッキングできる部屋があります。

また、瞬冷凍庫はモードを変えると炊いたばかりのアツアツのご飯を冷凍できるので、美味しさを逃さないで冷凍できます。

購入前は、僕がスーパーで買ってきた肉を凍らせてもすぐに使えるから便利だね。とか朝ご飯を炊いて会社に行く前に冷凍しちゃえばいいね。とか思っていたのですが…

家族で実家に寄ったとき母が子供に「冷凍庫の引き出しの所にアイスが入っているから、出して食べていいよ」と言ってもらったのが、「引き出しにアイスを入れる」と言うふうになってしまって、瞬冷凍庫は通常の冷凍庫のモードでアイス専用冷凍庫になっています。

せっかくの瞬冷凍庫なので、使ってみたいので瞬冷凍庫の感想はありません。

クリーン朝どれ野菜室

とれたてのみずみすしさを長持ちさせることができる野菜室だそうです

妻と子供が水筒に入れていくペットボトルのお茶とお米の保存容器で占領してしまって、野菜は入らない状態で、トマトなどは普通に冷蔵室に置いてありました。

現在は、クリーン朝どれ野菜室としては、使っていません。

冷蔵室

冷蔵室の中に、何をどう置こう…と模索中で、ペットボトル、ビール、豆腐、納豆…などを適当においてあります。中はガラガラ。

冷蔵室内部20190701

フレッシュゾーン

ワイルドチルド

かまぼこやハムなどの加工品を保存しておくエリアがあります。

氷点下ストッカールーム

設定により肉や魚の鮮度を長持ちさせたりできるエリアです。

いつでも、どこでも、なんでも説明書を読まない妻が肉をワイルドチルドのところに入れてあったりしてます。僕が場所を入れ替えたり、妻が近くにいれば呼びよせて、ここは◎◎だよって説明したりしています。

まだ一週間ですが、使い勝手は…

ぼくの感想は…

良いとおもうところ

  • 自動製氷が便利
  • とっても静か
  • 電気代も安いと思う

まだよくわからないところ

  • 瞬冷凍庫の実力
  • クリーン朝どれ野菜室に野菜を入れてみたらどんな感じ?
  • どんな風に使っていこうか…

とこんな感じですが…

一週間たった総合の感想は、GOODだと思います。

まだ、性能を発揮できる使い方をしていないので、ちょっと残念かもしれません。

6月20日にMR-B46Dの後継機種(になるのでしょうか?)MR-D46Eが発売されて、値段はこなれてきているみたいですが在庫がなくなってきているみたいです。

※現在は、後継機種のMR-B46Fが販売されています。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました