こすらない風呂用洗剤ルックプラスバスタブクレンジングを使い続けた感想【レビュー】

ルックプラスバスタブクレンジング生活雑貨
この記事は約3分で読めます。

以前、試してみたこすらない風呂用洗剤ルックプラス バスタブクレンジングが意外なところで便利でした。

過去に記事にしたルックプラス バスタブクレンジング

スポンサーリンク

ルックプラスバスタブクレンジング

子供の習い事の合宿に妻がついて行った時や、毎日帰宅すると子供の習い事や子供会の行事などでお風呂の掃除は僕がする事が大半なのですが、8月のお盆休み前に背中が痛くなり、その後も絶頂期より痛みが引いたものの毎日痛み止めを飲み続けています。

普段は柄のついたスポンジを使っているのですが、浴槽の縁に片手を付いて体重を掛けながら腰を曲げて浴槽の底を擦るのですが、背中や腰が痛い時は、それが一番ツライんです。

夏場なのでシャワーだけでもいいかなーと思いつつも、「背中が痛いからゆっくり湯船に浸かりたいな」って思ったり「子供が習い事から帰ってきたらお風呂に入りたいかも」って思うとお風呂を洗ってお湯を張ろうと思いました。

洗い方

ルックプラス バスタブクレンジングの洗い方は以前書きましたが、復習です。

濡らした浴槽にまんべんなくスプレーする

ルックプラス バスタブクレンジングのホームページを見ると15回で浴槽全体に洗剤が行き渡る量になるそうです。

ルックプラスバスタブクレンジング

60秒待つ

ちょっと暇…

シャワーで流す

こすらずにシャワーで流すだけ。

泡切れも良いです。

終了

夏の間、クナイプを使っていて残り湯ラインって言うんでしょうか?お湯の上面のところに汚れなのか付くのですが、それがキレイに取れました。

浴槽の壁?についていてシャワーじゃ流れなかった髪の毛も洗剤を吹き付けた後に流れ落ちます。

ネットでは、あまりキレイにならないって書かれている方も見かけましたが、浴槽の種類とか関係あるかもしれませんね。我が家の浴槽はFRPです。

僕の感じたメリット

とにかく楽。洗剤をかけるだけで擦らなくてもよいので、腰痛がひどい時にも楽して洗えます

洗剤を吹きかけてシャワーを流す間に排水口の掃除ができたりします。

僕の感じたデメリット

一回お風呂を洗う時に、約15回のスプレーです。普通のルックお風呂の洗剤と比べると沢山スプレーしますし、単価も高かった気がします。

あと、スプレーをして60秒待つ間に、上記の様に排水口の掃除でもする事あればいいんですが、無い時は少し手持無沙汰で洗面脱衣室とを行ったり来たり。料理をしにキッチンに戻ったりすると、忘れちゃうこともしばしば(汗)少し物忘れが進んでいるのかもしれません。

スポンサーリンク

僕的まとめ

僕は25年以上腰痛とお付き合いしていますので、お風呂の掃除がとっても大変ですが、上記のデメリットを考慮しても、使う価値があります。

たまに落ちにくい汚れもあるので、その時は柄のついたスポンジでちょこっと擦っていますが、妻が洗ってくれる時は普通のルックお風呂の洗剤でスポンジを使って洗ってくれるので、普段ルックプラスバスタブクレンジングで洗っていてもキレイになっているのかなと思います。

使う量が結構多いので、詰め替えも400mlのタイプじゃなくて800mlの大きいのを購入しました。

僕的には家事が少しだけ楽になるオススメできるお風呂洗剤です。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました