スマホの落下を防ぐためにストラッパー[STRAPPER]を使ってみました。【レビュー】

ストラッパー[STRAPPER]ライフスタイル
この記事は約4分で読めます。

現在使っているスマホは、XperiaXZ1Compact

ストラップホールが無く、ストラップがつけられないのは困るので、NHKのおはよう日本の中の「まちかど情報室」で見て、気になっていたストラッパー[STRAPPER]を購入して付けてみたことについて、書いてみます。

スマホ落下防止の為にストラッパー[STRAPPER]

ストラップとストラップホールが必要な訳

現場作業時に、ポケットに入れる事が多いので小さなタイプを使っていて前もXperiaのCompactを使っていました。

その時は、スマホ本体にストラップホールが付いていましたので、リングが着脱できるネックストラップを使っていて、屋根の上で電話に出たり、手も小さいのでストラップが付いていると安心でした。

今まで、携帯電話の時代からずーっとストラップが付いているのが当然になっていたので、現在使っているXperiaXZ1Compactに替えて、ストラップホールが無いのがすごく心配でした。

周りを見ると、iPhoneを使っている人が多くストラップを付けておらず、アンドロイドスマホでもストラップを付けている人もだいぶ少なかったです。義父のラクラクホンには付けてありました(汗)

でも、購入した耐衝撃性能をもったケース使っていたケースにはストラップホールが付いていたので、安心して使っていましたが、スマホケースが壊れてしまったので買い替える時に「もしかしてだけど、また壊れるかもしれないから同じケースはイヤだな」と思ってストラップホールが無いのは承知でiFaceを購入しました。

ⅰFaceの記事でも書きましたが、僕的にちょっと…な事はストラップを通す穴が無い事でした。

ストラッパー[STRAPPER]

毎朝欠かさず見ているNHKのおはよう日本の「まちかど情報室」で見たストラッパー[STRAPPER]が気になって購入してみました。

ストラッパー[STRAPPER]

標準の付属品かわかりませんが、ストラップが付いています。僕は、ブラックを購入しましたが他にアイボリー、ミント、ストロベリーがあります。

サイズは、こんな感じです。

ストラッパー[STRAPPER]

外箱に使い方が書かれています。

このストラッパー[STRAPPER]が使えるスマホケースは、

iPhoneの場合は、充電ホールのサイズが横幅50mm未満、高さ36㎜以上で使えます。

それ以外の場合は、充電ホールのサイズが横幅50mm未満、高さが充電コネクタ厚1ミリ以上であれば使えます。

充電ホールからリングが出るように置いて、スマホをケースに取り付ければOKです。

スマホを取り付けて、他のカメラで写真を撮ったら大参事(涙)

スマホケースから出たリングは、動くのでポケットの中に入れた時でも邪魔になりません。

まとめ

妻はストラップをずっと付けていないので、遊びに出掛けた時とかで写真を撮って!と妻のスマホを渡された時、落としそうな気がしちゃっていつもドキドキです。橋の上とか池の近くですと余計にドキドキ。

人によって違うかもしれませんが、僕はストラップが無いとダメです。

作業現場で落下して床に傷をつけちゃわないようにネックストラップに付けたい時もあるのですが、付けられるので一安心

特に最近では、スマホのカメラを使う事が多くなってきた事もありますが、安心感は増しました。

スマホは、意外と重くて立った高さから床に落とすと、傷が付いちゃうこともありますから…

値段がちょっと高い気がしますが、壊れるようなものじゃないので次のスマホの時も活躍できます。

気になった方は、一度サイトを覗いてみてください。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました