OneOdio SuperEQ S2

OneOdio SuperEQ S2ノイキャンヘッドホンを体験!

テレワークなどで、ご家族が在宅している自宅や、シェアオフィスなどで仕事をされている方もいらっしゃると思います。

音楽やオーディオブックを聞きたかったり、周囲の音を耳に入れないようにしたいと検討されている方も多いんじゃないでしょうか?

僕は、事務所で作業していますが作業スペースのすぐ後ろにある窓用エアコンの音だったり、扇風機の音が気になりつつ、音楽やラジオを大きな音で掛けていましたが、どうも聞きにくい。

骨伝導のワイヤレスイヤホンや普通のワイヤレスイヤホンではエアコンのコンプレッサーの音が聞こえて自然とボリュームが大きくなっていましたので、ノイズキャンセル機能のあるイヤホンやヘッドホンを探しているところ、OneOdio社のSuperEQ S2を体験する事がチャンスがありました。

実際に使ってみた感想をリアルにお伝えさせていただきます。

メーカー様より商品を提供していただき、この記事を作成しました。
OneOdio

\9月5日0:01~9月30日23:59までクーポンコード【LWJLYLGD】入力でAmazonでお得に買えます/

OneOdio SuperEQ S2ノイキャンヘッドホン

  • 有線&ワイヤレス
  • 最大45時間再生可能
  • 技適マークあり
  • 高音質
  • 2年間保証

製品仕様

SUPEREQ S2 オンイヤー ANCノイキャンヘッドホン BLUETOOTH5.0
周波数応答20Hz-20KHz
スピーカー直径40mm
騒音低減の深さ20 ~ 25 dB
歳施可能時間最大18時間(ANC+BT)/最大25時間(BT)/最大45時間(ANC)

内容

箱を開けると、合皮の巾着袋(ヘッドホン)、説明書、ケーブルやジャックの入ったビニール袋が入ってます。

カラーはブラック。折り畳めるタイプですので、持ち運びにも便利そうです。

USB-Cの充電ゲーブル、ヘッドホンケーブル、オーディオ分配のジャックが付属です。

取扱説明書などです。

充電

使い始める前に、充電をします。付属のUSB-Cケーブルを電源アダプターに挿して充電します。ジャックの横にあるLEDが充電中は赤、充電完了すると青く点灯しました。

接続手順

右耳側の下が電源ボタンになっていますので、長押しで電源ONになります。

BLUETOOTH接続(Androidスマホ)

BLUETOOTH接続で初めて使う時は、設定が必要になります。

           

           ⇧

画像の『』を長押しします。

スマホの『設定』⇒『Bluetooth』に入ると、『SuperEQ S2』が表示されますので、タップするだけ。他のイヤホンをいくつか使いましたが、これはすごく簡単だと感じました。

順番が後先になっちゃいますが、たたんである時はこんなサイズ。

使う時には、折り曲げてあるイヤーパッドを伸ばすと右の画像の様になります。

音楽を聴いてみる(パソコンからAmazon Music)

早速、音楽でも聴いてみようと付けるとこんな感じ。まだまだイヤーパッドはまだまだ伸びますので僕より頭の大きな人でも大丈夫そうです。

Amazon Music Unlimitedの契約をしていますので、ストーリンミングで音楽が聴けます。
耳の穴に入れるワイヤレスイヤホンと違い、外部の音の入りは少なく感じます。

このヘッドホンの特長のノイズキャンセリングを試してみます。

上記画像の矢印を長押しすると、ボタン右下のLEDが緑色に点灯します。
ヘッドホン付けて、音楽を流しながらノイズキャンセリングをオン/オフすると、外部の音が小さくなるのが分かります。

ただ、消えやすい音、消えにくい音があるみたいなのを感じました。

電話が掛かってきた

このヘッドホンは、ノイズキャンセリングヘッドホンだけの機能では無くて、ヘッドセットとしての機能もあります。

パソコンで音楽を聴いている途中に、電話が掛かってきて、スマホのBuletoothの設定をしてあり、Bluetoothのオンだけはしてある状況でした。

相手の声も良く聞こえ、こちらの話す言葉もヘッドセットを使っている事が分からないくらいで、問題無く聞こえたようでした。仕事をしているときには、すごく便利でした。

OneOdio SuperEQ S2を使った人の口コミ

ツイッターなどでOneOdio SuperEQ S2を使った方の口コミを調べてみました。

まだまだ、これからのヘッドホンの様で良い口コミ・悪い口コミを合わせても少なかったです。今後、見ていきたいと思います。

OneOdio SuperEQ S2を使ってみたメリット/デメリット

僕がOneOdio SuperEQ S2を使ってみて感じたメリット/デメリットを書き出してみます。

〇 メリット

  • イヤホンと比べて音がいい(僕の使っている5000円程のものと比較)
  • ノイズキャンセリングがある
  • 動作時間が長い
  • 設定がすごく簡単
  • 折り畳めるので、持ち運びに便利。

✖ デメリット

  • 夏は、暑くて耳が蒸れる
  • ノイズキャンセルで周りの音が聞こえなくなる場合がある。
  • ノイズキャンセルでも聞こえてしまう外部の音がある。
  • 電源ボタン周りの作りがプラスチック感が否めない。
OneOdio

\9月5日0:01~9月30日23:59までクーポンコード【LWJLYLGD】入力でAmazonでお得に買えます/

OneOdio SuperEQ S2がおすすめ/おすすめじゃない人

僕が実際に使ってみて感じたOneOdio SuperEQ S2がおすすめの人、おすすめじゃない人を書き出してみました。

おすすめの人

  • お求めやすい価格のノイズキャンセルのヘッドホンが欲しい方(セールで安く購入できる場合あり)
  • 長時間の使用をされる方(BT+ANCで最大18時間)
  • 安心して長く使いたい方(2年間保証)

おすすめじゃない人

  • 高性能のノイズキャンセルのヘッドホンが欲しい方。
  • 高級なヘッドホンが欲しい方。(数万円)

こんな感じです。

OneOdio SuperEQ S2の購入先

OneOdio SuperEQ S2は、OneOdio(公式サイト)とAmazonで購入できますが、現在(2021.8現在)では公式サイトの方が安く購入できます。

9月5日0:01~9月30日23:59まで、Amazonでクーポンコード【LWJLYLGD】を入力する事で、お得に購入できるセールが開催されますお急ぎでない方は、セールが絶対オススメです。

まとめ

僕がイヤホンやヘッドホンを使うのは、仕事の時にパソコンやスマホからの音を聞くのがメインで、一日8時間以上も使いっぱなしの時もありますので、このOneOdio SuperEQ S2はお値段的にも性能的にも手ごろです。

電話が掛かってきても対応できるのはとても便利だなと思いました。

カラーバリエーションも沢山ありますので、お子さんへのプレセントにもいいのかな?と思いました。

OneOdio

\9月5日0:01~9月30日23:59までクーポンコード【LWJLYLGD】入力でAmazonでお得に買えます/

OneOdio SuperEQ S2
最新情報をチェックしよう!