ロジクール サイレント ワイヤレス コンボMK295GPレビュー 本当に静かなクリックとタイピング音のキーボードとマウス

8 min
ロジクール サイレント ワイヤレス コンボMK295

近年、テレワークが増え自宅で作業をしたり、おうち時間が増えブログなどをはじめられる方も多くなったようで自宅でパソコンを使う事が多くなった方も多いんじゃないでしょうか?

キーボードのタイプ音や、マウスのクリック音はオフィスなどでしたらあまり気にならないかもしれませんが、静かな部屋だったり、普段耳にしない人には結構気になるもので、閉じこもれる部屋があればいいのですが、みんなが一緒に過ごすリビングの片隅だったり、寝静まった家の中では気になります。

音が気になるからと言って作業しない訳にはいきませんし、防音室を考えるなんて言ったら大出費ですので、そんな時にサイレントタイプのキーボードやマウスが大活躍します。

静音タイプで気を散らせることなく、作業に集中できるマウスとキーボードのセットがロジクールから発売されてベストセラーになっている『サイレント ワイヤレス コンボMK295』があります。

デスクトップパソコン付属のキーボードやノートパソコンのキーと比べると、すごくしっかりとした静音でタッチ感も優れ安定の使いやすさ。

今回は『ロジクール サイレント ワイヤレス コンボMK295GPレビュー 本当に静かなクリックとタイピング音のキーボードとマウス』について書いてみます。

提供品

本記事はメーカー様より商品を提供していただいて作成しました。

サイレント ワイヤレス コンボMK295GP

ロジクールのワイレントワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスのコンビです。

キーボードとマウス、レシーバーのセットになっています。

製品名ロジクール サイレント ワイヤレスコンボ MK295
カラーグラファイト(キーボード)/ブラック(マウス)
型番MK295GP/MK295OW
保証期間2年
キーボードサイズ(幅×奥行×高さ)441mm×149mm×18mm
キーボード重量(電池含む)498g
レシーバーサイズ 14.4mm×18.7mm×6.1mm
レシーバー重量1.8g
キーレイアウト108キー日本語レイアウト
キー構造/デザインメンブレン
キーピッチ19mm
キーストローク3.2mm
押下圧60g
角度調整機能有(8°)
ショートカットキー再生/一時停止、ミュート、ボリュームダウン、ボリュームアップ、
インターネット、Eメール、スリープ、電卓
その他の機能耐水設計、SilentTouchテクノロジー
キーボード 使用電池単四形乾電池×2本
キーボード 電池寿命最大36ヵ月
本体サイズ(横×奥行×高さ)14.4mm×18.7mm×6.1mm
付属マウス
サイズ(幅×奥行×高さ)60mm×99mm×39mm
重量75.2g
センサー方式オプティカル
解像度1000dpi
総ボタン数(チルト機能含む)3
スクロールホイール
チルト機能
使用電池/電池寿命 単三形乾電池×2本/最大18カ月
コンボ総合⇓
操作距離10m
無線方式2.4GHz
対応機種Windows®10以降、Windows®8,Windows®7、CHROME OS™
接続I/FUSB-A
付属品ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、USBレシーバー、単四形乾電池×2本(キーボード、単三方乾電池×2本(マウス)、保証書、保証規定

今回はキーボードがグラファイト、マウスがブラックのセットのMK295GPですが、オフホワイトのMK295OWの2つのカラーバリエーションがあります。

外箱から取り出すと、キーボード、マウス、USBレシーバーの3点と保証書、保証規定の紙が2枚入っています。

製品特長

ロジクール公式サイトに記載されているサイレント ワイヤレス コンボMK295の製品特長を確認してみます。

従来比90%のノイズ低減 新技術SilentTouchテクノロジー

独自のSilentTouchテクノロジーにより、馴染みのあるクリック感やタイピング感はそのままに、世界的に人気のキーボード/マウスセット「MK270]・「MK275」に比べて操作音を90%削減しました。気を散らせるようなクリック音や打鍵音がないので、より静かでストレスフリーな作業環境を整えることができます。

Logicool(公式)

日本語配列のフルサイズ・無線キーボード

データを効率よく入力できるよう、8つのショートカットキーとテンキーを搭載した日本語配列のキーボードです。信頼性の高いワイヤレス接続を採用しているので、ワイヤレスによる遅延やデータの欠落はなく、ケーブルが邪魔になることもありません。

Logicool(公式)

丈夫で水に強い

キーボードの上に水をこぼしても安心な耐水設計で、キースイッチは耐久性に優れています。キーボード裏面のスタンドは丈夫で安定感があり、入力しやすいよう8度の傾斜をつけることができます。

Logicool(公式)

静音コンパクトマウス付き「MK295」

「MK295」は静音キーボード「K295」にSilentTouchテクノロジーを用いた静音マウスが付属しています。携帯性に優れた滑らかな形状で、操作音の少ないクリックスイッチを使用しているので、図書館のような静かな場所でも使用できます。

Logicool(公式)

電池長持ち

キーボードは単四形乾電池2本で「K295」は最大24カ月、「MK295」付属のマウスは単三形乾電池1本で最大18カ月の使用が可能です。

Logicool(公式)

サイレント ワイヤレス コンボMK295GPのレビュー

早速使っていきます。

接続

サイレント ワイヤレス コンボK295の接続方法は一つです。

USBレシーバーをパソコンに接続し、キーボード、マウスの電源スイッチをONにするだけで使えるようになります。

キーボード「K295」レビュー

設定方法のレビューからです。

レシーバーによる接続

開封後、あっと言う間に接続できます。ロジクールのキーボードにあるUnifying USBレシーバーによる接続やBluetooth接続と比べても入力の遅延は感じません。

配列とタイピング音

事務所で、文章を打つ作業で使ってみます(この記事もK295でタイピングしています)

キーレイアウトが日本語レイアウトですので、全く戸惑いなく作業ができます。
つい直前まで、ロジクールERGO K860スプリットキーボードを使っていましたが普通の日本語レイアウトを体が覚えていますので、まだ慣れきっていないERGO K860の時より早い速度で文章入力ができます。

関連記事⇒ロジクール ERGO K860スプリットキーボード レビュー 見た目は不思議だけど慣れると体に楽なエルゴノミックキーボード

キーストロークが3.2mmとずっと使い続けているデスクトップパソコンに付属のキーボードのように、ストロークが深いのと、押下圧が60gと『押した!』と言う感覚がしっかりありますので、ノートパソコンのキーボードのようなストロークの浅いキーボードと比べると、押し間違いや間違って当たって入力してしまう事はだいぶ少ないです。

タイピング音はサイレントキーボードと言うだけあって、ものすごく音が小さく、作業に集中できます。周りから見るとパソコンを触ってないんじゃないの?と思われるかもしれません。ただ、人によって強めに打つ人は底付きじゃないですが、多少音はでると思います。

【B】のキーは基本、左手担当なのに右手で打っていましたが、ERGO K860スプリットキーボードを使ったおかげなのか、【B】のキーを右手で打つようになりました。

ショートカットキー

ファンクションキーの上にショートカットキーが配置されています。

左から『再生/一時停止』、『ミュート』、『ボリュームダウン』、『ボリュームアップ』、『インターネット』、『Eメール』、『スリープ』、『電卓』があります。

仕事中に音楽を聴いてきて、電話が来た時など指1つでミュートや停止ができますし、お昼休みにYoutubeを見ていても指1つで再生/停止ができるのは快適。電卓ボタンも、ちょっとした計算の時にボタン一つでパソコンの電卓機能を立ち上げられ、引き出しの中にしまってある電卓を取り出す回数は減りました。

Eメールボタンを押すと、『メールソフト』などが立ち上がる設定を【コントロールパネル】⇒【アプリと機能】⇒【既定のアプリ】の【メール】の部分で、アプリを選択することができますが、僕はEメールをブラウザー上のG-mailで送受信しているので、既定のアプリをGoogole Chormeに設定してもブラウザが立ち上がった状態の画面になるだけです。

ロジクールさんに問い合わせたり、ネット検索してみると『SetPoint』と言うlogicoolのアクセサリーの設定ができるアプリケーションが存在する事を知り、ダウンロードして起動してみますと、【ファンクションキーの設定】で【✉Webページを開く】の右下の【Webページを開く】の場所にGmailのアドレスを入れ【適応】⇒【OK】を押して設定完了です。

ただし、この『SetPoint』はMac非対応との事ですので、ご注意ください。

ファンクションの【✉】キーを押すと、ブラウザが立ち上がりGmailの画面が表示されるようになりました。

結構メールを見る回数が多いので、ボタン一つでメールが見られるようになりましたので、本当に便利に感じます。

他のロジクールキーボードで使えるキーボードの詳細設定ができる『Logicool Options』が使えないデメリットは感じませんでした。

水に強い、電池長持ちはこれから

サイレント ワイヤレス コンボK295は水に強い、電池長持ちの特徴がありますが、机の上にコーヒーを入れたタンブラーを置いて、飲みながら作業をしていますが、今までこぼしたことが無いのですが、水に強いというのも、オフィスで作業だけでなく、自宅で仕事をしている時にお子さんがジュースをこぼしちゃったり…なんてこともあるかもしれませんので、場所を選ばずに使えると思います。

マウスレビュー

MK295同梱のマウスもキーボードK295と同様、USBレシーバーによる接続です。

とても小ぶりなので、持ち運びで使うノートパソコンのお供としてもいいんじゃないかと思います。

左右ボタンとスクロールホイールがついていて、スクロールホイールはジェスチャーボタンになり、思った以上に便利に使え、Logicool Optionsでジェスチャーボタンやホイールマウスを自分の好みに合わせることができます。

サイレントマウスの名の通り、気になるクリック音はしないので、自宅リビングで家族がテレビを見ている横でネットを見る時に使っても、全く気にならないと思います。

ただ、ここ最近ずっとロジクールのトラックボールERGO M575を使っていましたので、久々に腕を大きく動かす事、僕の使っているパソコンデスクではマウスパッドが必要だったりと、ほんの少し不便さを感じました。

関連記事⇒【ロジクールERGO M575レビュー】使いづらいって本当?トラックボール体験談

まだ、慣れない感じがありますのでもうしばらく使ってみたいと思います。

サイレント ワイヤレス コンボMK295GPの口コミ

Twitterやインターネットでサイレント ワイヤレス コンボMK295の口コミを調べてみました。

いい!と言う書き込みが大半でしたが、押下圧が60gあるのでこんな意見の方もいらっしゃいました。

サイレント ワイヤレス コンボMK295GPを使うメリット/デメリット

メリット
  • 静かなので、周りに気を使わなくても良い
  • セットなのに安い
  • キーボードは防水なので、お子さんがいるお宅や飲み物を飲みながらのタイピングされる場合も安心
  • 設定がとても簡単
  • キーボードは『SetPoint』アプリで細かい設定ができる(Mac非対応)
  • マウスは『Logicool Options』で細かい調整ができる。

デメリット
  • 僕的にもう少しキーボードの角度が欲しい

今まで使っていたキーボードがもう少し角度が付いていたのに慣れていましたので、もう少し角度がつくと嬉しいなって思いました。

サイレント ワイヤレス コンボMK295GPがおすすめの人

サイレント ワイヤレス コンボK295は、『静かに作業できるマウスとキーボードを安く購入したい方』におすすめだと感じました。

ロジクールのアクセサリーは性能が良く、比較的高価な部類になると思うのですが、このサイレント ワイヤレス コンボK295は、使い勝手も良いですしキーボードもマウスもセットなのに、普通にキーボードを買う金額でセットで買えちゃいます。

それでもって、サイレントですし性能もなかなかです。

ただ、ここ最近トラックボールERGO M757がお気に入りなので、キーボード単品で購入できますので、マウスorトラックボール+キーボードと好みによって組み合わせて使う事もできます。

サイレント ワイヤレス コンボMK295GPのまとめ

今回は『 ロジクール サイレント ワイヤレス コンボMK295GPレビュー 本当に静かなクリックとタイピング音のキーボードとマウス 』について、書いてみました。

ロジクール サイレント ワイヤレス コンボMK295GPは、とてもコストパフォーマンスが高いサイレントタイプのキーボードとマウスのセットです。

家で家族に迷惑を掛けずにパソコン作業ができる環境が作れますし、なによりお求めやすい価格ですのでおすすめのセットです。

リンクシェア レビュー・アフィリエイト
nori

nori

日頃は住宅建築業界で働いている副業ブロガーです。

仕事で使う建築3DCADが動くパソコンをはじめ、作業環境など快適な環境になる情報を伝えて発信しています。

執筆依頼やお問合せなどございましたら、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。

詳しいプロフィール

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

お問い合わせ
お問い合わせ