【IdeaCentre AIO 350(AMD)レビュー】21.5型オールインワンをテストしてみました

6 min
IdeaCentre AIO 350(AMD)

今回は【IdeaCentre AIO 350(型番:F0EX0062JP)】のレビューです。

オールインワンのデスクトップPCは、便利ですね。Bluethoothのキーボードとマウスを接続すればすぐに使えますし、普通のデスクトップPCと違い本体が別に分かれていないので机の上がとてもスッキリします。

今回は、オールインワンデスクトップPCのIdeaCentre AIO 350(型番:F0EX0062JP)で僕が業務で使っている住宅設計3次元CAD(建築用3DCAD)と動画編集をメインにテストしてみました。

貸与品

レノボジャパン株式会社様からIdeaCentre AIO 350(型番:F0EX0062JP)をお借りしてレビューをしました。

Lenovo IdeaCentre AIO 350(型番:F0EX0062JP)

今回お借りしたLenovo IdeaCentre AIO 350(型番:F0EX0062JP)は、Lenovoのメーカー直販サイトのモデルでCPUはAMD Ryzenプロセッサ搭載で初期導入OSはWindows10Home64bit、グラフィックスはAMD Radeon Vega8 Graphicsで用途や環境などでOSやメモリ等のカスタムも可能です。

Lenovo IdeaCentre AIO 350(型番:F0EX0062JP)のスペック

製品番号 F0EX0062JP
筐体All-In-One(一体型)
OS初期導入済OSWindows 10 Home 64bit (日本語版)
稼働確認済OS
Windows 10 Home(64bit)
標準保証1年間 引き取り修理
プロセッサー名称AMD Ryzen™ 5 3500U プロセッサー
動作周波数2.10GHz (最大ブースト・クロック 3.70GHz)
コア数4
統合メモリコントローラー2400MHz
チップセットAPUに統合
メインメモリ容量(標準)8GB (4GBx2)
容量(最大)8GB
仕様DDR4-2400 SDRAM SODIMM
メモリスロット数2(空0)
補助記憶装置(内蔵)HDD1TB (5400rpm/シリアルATA/2.5インチ)
SSDなし
オプティカル・ドライブDVDスーパーマルチ ドライブ
表示機能ビデオチップAMD Radeon™ Vega 8 グラフィックス
外部接続最大解像度および最大発色数 1920 x 1080ドット@60Hz、1677万色(HDMI接続時)
ディスプレイ 21.5型広視野角ワイド液晶(1920x1080ドット@60Hz、約1,677万色)
オーディオ・ビデオ機能 内蔵カメラ あり (前面:HD 720p カメラ)
内蔵マイクロフォン あり(モノラルマイクロホン)
内蔵スピーカー ステレオスピーカー(3W+3W)
通信機能LAN10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
ワイヤレスLANIEEE 802.11ac/a/b/g/n
BluetoothBluetooth v5.0
外部インターフェイス側面USBポートUSB 3.0 x 1
背面USBポートUSB 3.0 x 1、USB 2.0 x 2
ディスプレイ関連ポート(外部出力)HDMI×1
オーディオ関連ポートコンボジャック×1
イーサネットコネクター(RJ-45)1
キーボードワイヤレス日本語キーボード
マウスワイヤレスレーザーマウス
寸法・重量本体寸法(幅×奥行×高さ)約 491 x 185 x 419mm
本体質量約 5.2kg

外観

箱から取り出すと、All-In-Oneのパソコン本体が登場します。スタンドは一体になっていて、組み立ては不要です。ディスプレイサイズは、21.5型です。

ピントがボケボケになってしまいました。スケールが尺目盛りがついていますので、赤い部分が5寸で、15.15mmですので、本体の高さは約419mm、幅が491mmです。

横から見るとパイプタイプの脚がディスプレイをささえているスッキリとした形状になっています。

ディスプレイは非光沢タイプの左右のベゼルが細いタイプになっていて、上部にはカメラが内蔵されています。

下側のベゼルは太目でリブが入っています。

上からは、こんな感じ。プロセッサーのラベルなどが貼られています。

背面は、こんな感じ。スタンドが取り付けられた下には、インターフェイスが配置されています。

背面のインターフェイスの画像を拡大して見ますと、左から電源ポート、イーサネット・コネクター(RJ-45)×1、HDMI×1、USB2.0×2、USB3.0×1です。

右側面には、DVDスーパーマルチドライブと電源ボタンがあります。

左側面は、上からUSB3.0×1,3-in-1メディアカードリーダー×1,コンボジャック×1があります。

ディスプレイの仰角はこんな感じで、下方向に間あまり角度がつけられません。

ACアダプターは、モバイルノートのサイズの65Wタイプですので小さめ。パソコン本体周りで邪魔にならないサイズ感です。

付属の日本語配列のBluethoothキーボード。電源を入れると知らぬ間に接続されています。ワイヤレスなのでケーブルでの接続も無いので、パソコンを使わない時に仕舞う事もできますし、少し離れた場所からの操作もできます。

デスクトップ購入時についてくる外付けキーボートとはキーの形状が少し違う感じで、キー同士に間隔のあるタイプです。押した感じは、ノートPCみたいな感じでした。キーピッチは一般的な19mmです。

もう一つの付属品は、ワイヤレスのレーザーマウスです。

Lenovo IdeaCentre AIO 350(AMD)の製品特長

Lenovo IdeaCentre AIO 350(AMD)のページから引用して紹介しますと、

スタイリッシュなデザイン

エンターテインメント、ビデオ会議、テレワークなど、どんな利用シーンにもフィットするスタイリッシュなデザインを採用。エレガントなベースとスタンドに21.5型液晶を搭載して、デスクスペースを広くつかえるオールインワンです。

Lenovo IdeaCentre AIO 350 公式サイト

さまざまな作業を軽々とこなす

負荷のかかるタスクも軽々とこなすAMD Ryzen™ プロセッサーを搭載可能。また、高速なSSD (PCIe NVMe/M.2)も搭載可能で、高速にアプリを起動可能です。

Lenovo IdeaCentre AIO 350 公式サイト

ナローベゼルのディスプレイ

縁がほとんど気にならないナローベゼルのディスプレイで、没入感のある映像体験を提供します。21.5型FHDディスプレイは広い視野角で、家族での写真や動画の視聴にも最適です。

Lenovo IdeaCentre AIO 350 公式サイト

すっきりと使える

机の上は、スマートフォンやドライブ、その他のデバイスのケーブルで煩雑になりがちです。このオールインワンPCはスタンドに組み込まれた便利なケーブル コレクターで、余った配線をきれいにまとめておくことができ、机の上のスペースをすっきりと使えます。

Lenovo IdeaCentre AIO 350 公式サイト

充実した各種インターフェイス

省スペースのオールインワンPCでも、さまざまなデバイスを接続できるよう、USB 3.0、USB 2.0 、3-in-1 メディアカードリーダー、HDMI(外部 出力)を標準装備。セカンドディスプレイを接続してマルチタスクも可能です。

Lenovo IdeaCentre AIO 350 公式サイト

詳細に調整可能なスタンド

安定性と柔軟性を兼ね備えたスタンドは、仕事のときもリラックスしているときもぴったりな角度に調整できます。また、画面は簡単にスライドする設計になっており、片手で調整したり傾けたりできるため、照明の反射が気になるときもすぐに角度を調整できます。

Lenovo IdeaCentre AIO 350 公式サイト

大切なプライバシーを保護するためにプライバシーカメラロックを搭載。ビデオ通話や録画をしているとき以外は、画面上部のボタンにタッチするだけで Web カメラを閉じることができます。

Lenovo IdeaCentre AIO 350 公式サイト

Lenovo IdeaCentre AIO 350(AMD) 型番:型番:F0EX0062JPの実機テスト

建築3DCADのテスト(ALTA SS)

IdeaCentre AIO 350(AMD)に搭載されているAMD Radeon Vega 8グラフィックスはOpenGLが動作しますので、建築3DCADの動作には対応できると思いますが、建築3DCADメーカーの指定する動作環境はInterプロセッサーとNVIDIAです。

 

AMDプロセッサーとRadeon Grahics搭載PCでは、いつも通りCADメーカーの動作環境外の場合は、 黄色で「弊社サポートへご確認…」を出ます。今回は指定するビデオカードのメモリが少ないので『NG』がでますが、そのままインストールを続けます。

図面入力

同じ図面データを使うことで、結果に違いが出にくいように、今回も住宅性能評価のサンプル図面を事前に入力したデータでテストしました。

 CADの操作に関しては問題無く快適に動作します。

パース作成

平面データを入力し、自動生成ボタンで立面のデータができます。続いてパース作成をします。

グラフィックスのメモリが小さいせいかのか、少し重めの作業やいくつものタスクを同時に行うと動作の重さを少し感じます。

構造パースを表示

建築3DCADで骨組みと金物チェックは、パソコンにあまり負荷を掛けないのか、サクサクと動きます。

おまけのWallstat

今回もWallstatを回してみました。バージョン4.39で データは編集ファイルサンプル2を使用です。あくまでも参考値として見てください。

計算時間は、約11分38秒。

タスクマネージャーを見ると、CPU使用率が高くはありませんが、今までテストしてきたゲーミングパソコンと比べてしまうとちょっと高目。

シュミレーションも問題無く快適に動作します。

おまけのCINEBENCH_R15(参考程度)

建築3DCAD(住宅設計用3次元CAD)も使えるパソコンの検証を主にしていますので、OpenGLの数値を知りたいので敢えてCINEBENCH_R15で検証です。

CPUが611cb、OpenGLが20.13fpsの結果でした。

おまけのCINEBENCH_R20

Crystal Disk Mark

ストレージのテストでCrystal Disk Markを走らせてみました。

ストレージはHDD搭載です。インストールやその他の動作に少し時間がかかる感じを受けました。

ゲーミング性能を試してみました

ゲーミングパソコンですので、ゲームのベンチソフトを走らせてみます。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION BENCHMARK

1280×720の軽量品質で動作困難の判定です。AMD Ryzen5 3500U+Radeon Vega 8グラフィックスでは、ちょっと難しいみたいです。 

FINAL FANTASY XIV 漆黒のウィランズ  BENCHMARK

今回も「FINAL FANTASY XIV 漆黒のウィランズ  BENCHMARK」もテストしてみました。

1920x1080の高品質で、「普通」の判定でした。

ドラゴンクエスト X ベンチマーク

1920×1080の最高品質で「普通」の評価でした。

これくらいのゲームなら少し解像度を落としたりすれば、普通にゲームができそうです。

動画編集のテスト

EaseUS Video Editor (試用版)

パソコンのデーター復旧やバックアップのソフトでお馴染みのEaseUSさんの動画編集ソフト EaseUS Video Editor。

サクサクと動き、2分8秒のmp4の動画ファイルをMOVで書き出してみましたが約1分7秒で書き出し終了しました。体感的にはそれほど遅く感じませんが時間は少しかかるようです。

Lenovo IdeaCentre AIO 350(型番:F0EX0062JP)まとめ(僕個人の感想)

今回は、レノボさんよりIdeaCentre AIO 350(型番:F0EX0062JP)をお借りした『【IdeaCentre AIO 350(AMD)レビュー】21.5型オールインワンをテストしてみました』の記事でした。

到着した時に、大きいな!と思いましたが、ディスプレイと一体式になっているのd、パソコン周りはスッキリします。

今回お借りした型番:F0EX0062JPは、AMD Ryzen 5 3500Uプロセッサー+AMD Radeon Vega8 Graphics搭載で、5万円台後半から購入できるモデルです。

ただ、ビデオメモリが小さめだったり、RAM容量もあまり大きくない(大きくできない)ので、建築3DCADや重い計算処理をさせながら、その間に別な計算などマルチタスクで使われる方ですとちょっと使い勝手がわるいかな?という印象を受けました。ノートより大きめのパソコンが欲しくて、高負荷の作業をする予定の無い方でしたら、このお値段からしたらお買い得かもです。

あと、建築3DCADを使う僕からしますと、再度のUSB-Aのポートがひとつで、建築3DCADのソフトのプロテクタを差すと、データを入れてあるUSBは背面のポートになるので、抜き差しが少し大変でした。ちなみに、昔USBハブでたくさん接続しすぎてパソコンの動作が重くなってからUSBハブを使いたがらない僕には、余計にそう感じました。

最小構成として、こんな感じで使えますので、周辺はすっきりしますし、周辺機器の接続が良く分からない方には、基本これだけで済んじゃいます。

ディスプレイ側面から出し入れ出来るDVDドライブもありますので、一人時間でDVDを見るのにもおすすめ機種です。

製品仕様・販売価格については変更となる可能性がございますので、ご購入時にメーカーサイトでご確認ください。

nori

nori

日頃は住宅建築業界で働いている副業ブロガーです。

仕事で使う建築3DCADが動くパソコンをはじめ、作業環境など快適な環境になる情報を伝えて発信しています。

執筆依頼やお問合せなどございましたら、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。

詳しいプロフィール

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Lenovo【公式サイト】で
IdeaCentre AIO 350(AMD)を見る
Lenovo【公式サイト】で
IdeaCentre AIO 350(AMD)を見る