Logicool MX575

【ロジクールERGO M575レビュー】はじめてのトラックボール体験をしました

Logicool MX575

トラックボールの記事を最近よく目にします。

読んでみると、

  • マウスより狭いスペースで使えるのでリモートワークで使いやすい
  • 手が疲れにくいのが見直されてきた
  • 昔に比べるとトラックボールの値段が下がった

などなど…。

僕はWindowsのパソコンを購入してからずっとマウスを使っていて『トラックボールはCAD(建築用3DCAD)作業におすすめ』などの情報を見て、幾度かトラックボールの購入を検討した事もありますが購入には至らず、気になったままマウスを20数年使ってきましたが、ロジクールのトラックボールが10年ぶりアップデートとなる最新モデルが発売されるということで、思い切って購入しました。

マウスで操作するようになってから、ずっとマウス(ボール、光学式、レーザー式)を使ってきてはじめてのトラックボールでしたが、もう少し慣れは必要ですが想像していた以上に手が疲れず場所も取らななくて、とても良い買い物でした。

Logicool ERGO M575

ご存じロジクールのトラックボールです。ロジクールのマウスは以前2台ほど使ったことがあり、人間工学を考えられたエルゴノミクスデザインで疲れにくく、建築用3DCADで図面を描くのに使いやすかった記憶がありましたが、1万円以上するマウスはここ最近ちょっと買えませんでした(汗)

商品紹介

青いボールが印象的なエルコノミクスデザインです。カラーはグラファイトですがガンメタリックみたいな感じです。

エルゴノミクスデザインのこの角度が人にやさしいそうです。

底面には、スライドのON/OFFスイッチと、Bluetooth/2.4GHz無線の切り替えのボタン、電池のカバー、青いボールが見えるのはメンテナンス時にボールを取り出すときに押し出す用の穴です。

小さな5か所のクッションみたいなものが貼られていますが、滑り止めのクッションになっています。滑るように設計されたマウスとは逆ですね。

接続はBluetoothと付属のUSBレシーバーを使った2.4GHz無線の両タイプで使えます。電源は単三乾電池が1本で同梱されています。

この単三乾電池で、2.4GHZ無線接続時で約24カ月、Bluetooth接続時で約20カ月電池交換不要の省エネ設計になっています。

ERGO MX575-サイズ感

サイズ感はこんな感じで、幅100×奥行134×高さ48mmです。

使い方

マウスは基本的に、手全体を使いマウス本体を動かしてカーソルを移動、左ボタン・右ボタン・ホイールを使って操作しますが、トラックボールはカーソルの移動を親指(人差し指)でボールを操作してカーソル移動の他は、マウスの操作に近い感じです。

こんな風に手を乗せて操作します。メーカーサイトでは手首が机の上についていますが僕は成人男性として(指は太いが)少し小さ目な手ですのでボタンを押そうとすると手首が浮いてしまいます。

左ボタンに人差し指、右ボタンに中指を置くとこんな感じになります。

トラックボールの位置は固定ですので、手首より上は動かさなくていいので、肩や腕の疲れが少しだけ違うような気がします。(実質2日間使用ですので、今後継続報告します)

Bluetooth接続

いつものBluetoothで接続します。パソコンのBluetoothの設定項目に入って電池の保護シートを外すだけで接続終了です。

Logitechオプション

このまま初期設定で普通に使えますが、ロジクールのサイトからLogitechオプションをダウンロードする事で初期設定の「戻る」「進む」「中央ボタン(スクロールホイールのスイッチ)」の3つのボタンの動作を変更したり、ポインタの速度の変更が可能になります。

Logicool ERGO M575を使った個人的な感想

赤いボールのメーカーが多く見掛けますが、このERGO MX575は青いボールが特徴で、ちょっとカッコよくてうれしくなります。

約20数年間、マウスを使っていましたので、親指でトラックボール操作をするのに少し慣れが必要でしたが、1~2時間すればマウスからトラックボールに変更した事が気にならなくなりました。最初、細かい移動は行き過ぎちゃったり、うまくカーソルを合わせられなかったりしましたが、それもすぐに慣れました。

使い始めてすぐの時に、ボールを回しても自分の思ったようにカーソルが移動しないと思う事がありましたが、ボールのあたりが付いてきたのか、僕自身も慣れてきたのか、難なく使えるようになりました。

ついでに、先日購入したばかりのマウスパッドも不要になりました。

ERGO M575のメリット・デメリット

僕が数日使って感じたERGO M575のメリット・デメリットを挙げてみます。

  • メリット
    •  マウスを多用する人にとっては、疲労感が減る
      • 到着して間もないのですが、少しだけ建築用3DCADで作図をしましたが、腕を動かさないので少しだけ肩や腕が楽な気がします。
    • ERGO M575の傾きが微妙に良い
      • 手を添えた時、自然な角度でフィットする感じがします。
    • マウスのように本体を動かさなくても良いので、リモートワークなどでパソコン机が狭い時でも、快適に使える。
  • デメリット
    • 思ったより大きい
      • まだ、使い始めてですが手の小さい僕でも慣れるかどうか…
      • メーカーサイトの画像のように握っても手首が机に付かないので場合によって、手首のクッションが必要か?
      • マウスと比べてボタンの位置が離れていて、手の小さな僕の場合ボタンを押すたびに少し手を動かさないといけない
    • 親指の運動量が増える。
      • いままで使っていない親指だけの動きで、痛みや疲れが出ないか実証中
      • 僕個人的な感想ですが、約一カ月使ってみましたが痛みが出るような感じは無かったです。

ロジクールのERGO M575がおすすめの人

今回、僕が使ってみてこのERGO MX575をおすすめしたい人は、

  • CAD・建築用3DCAD・住宅設計用3次元CADを使う人
  • リモートワークなどパソコン机で十分なマウスの可動範囲が確保できない人

です。そのまんま僕です。

マウスをガンガン使う人で、腱鞘炎の人にもいいらしいですね。

まだ慣れていないせいか、手の小さな僕からすると、もう少し小さい方が握り心地がいいのかも…と思いますので、もっと手の小さい人はどうなのかな?とは思ったりします。

ロジクール ERGO M575を買うならどこで買う?

僕はこのLogicool(ロジクール)のERGO M575をAmazonで購入しましたが、Yahooショッピング、楽天市場などでも販売されています。

僕が悩んだトラックボール

僕が購入するきっかけにになった要因の一つ、10年ぶりのアップデートとの事で久々の新商品です。

でも、この前のモデルや他メーカーの商品も検討した事があり、同じトラックボールでも特徴があったりして僕が悩んだ3点です。

Logicool ERGO M575(ブラック)

僕が購入したカラー、グラファイトの色違いのモデル。グラファイトやホワイトと比べて値段は安いのですが、1年保証になります。

  • いいところ
    • 僕の購入したカラーバリエーションより、少し値段が安い
  • ちょっと…
    • 1年保証(グラファイト、ホワイトは2年保証)

Logicool SW-M570

こちらはERGO MX575の一つ前のモデル。下調べしたときに発表年が古かったのでERGO M575を待って購入しましたが定番の人気モデルだそうです。

  • いいところ
    • 安い
  • ちょっと…
    • 発売日よりだいぶ経過している
    • 無線タイプでレシーバー

サンワダイレクト 400-MA099R

こちらも同じエルゴノミクス形状でしたので悩みました。

  • よいところ
    • エルゴノミクスデザイン
    • カウント数の切り替えボタンがついている
    • スクロールボタン(チルトホイール)が横スクロール可能。
    • 4000円以下で購入可能
    • Androidでも使える
  • ちょっと
    •  Bluetooth接続のみ
    • 電池の持ちが単三電池1本で約8が月(ERGO MX575は単三電池で約2年)

まとめ 慣れは必要ですが案外使い勝手が良いです!

2020年11月26日に発売されたばかりですが、人気らしくブラックタイプ(4,990円)は、「売り切れ」や「入荷待ち」のサイトが出ているらしいです。グラファイトやオフホワイトは在庫あるそうです。

僕は個人事業ですので、事務所に出勤してのCAD作図メインの使い方の為に購入しましたが、休みの日に自宅リビングのテーブルの上は散らかっていてマウスが使えるスペースが無く、タッチパッドを使っていますが、最近のマウスパッドは以前より操作性も良く、誤動作しませんが、マウスと比べてしまうとやっぱり作業性が落ちてしまいます。

はじめて使ってみましたが、トラックボールはパソコンの横にトラックボールを置くスペースだけあれば、効率を落とすことなく作業ができると思います。

ただ、少し慣れるまでの時間が必要だと思いますが…。

追記:細かいポイントに寄せるのは少し戸惑う時がありますが、マウスからトラックボールに変更してそれほど不具合はありません。

このブログを読んでいただいて、ロジクールのトラックボールERGO M575を買おうか悩んでいる方の参考になればうれしいです。

Logicool MX575
最新情報をチェックしよう!

アクセサリーの最新記事8件