暑さ指数が上がってきました。熱中症に注意してください。

熱中症にきをつけましょうライフスタイル
この記事は約3分で読めます。

梅雨明けする前ですが、登録してある熱中症予防情報メールのサイトから、暑さ指数が厳重警戒の28を超える情報のメールが届く回数が多くなってきました。

でも、暑さ指数って何?28を超えると危険なの?全然わからないので、調べてみました。

環境省の熱中症予防情報サイトに分かりやすく載っていましたので端折りながらですが、説明します。

環境省熱中症予防情報サイト

暑さ指数って?

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。

環境省熱中症予防情報サイト

暑さ指数(WBGT)は乾球温度計、湿球温度計、黒球温度計を使って計算されるそうです。

屋外での暑さ指数算出式は

WBGT(℃) =0.7 × 湿球温度 + 0.2 × 黒球温度 + 0.1 × 乾球温度

屋内での暑さ指数算出式は

WBGT(℃) =0.7 × 湿球温度 + 0.3 × 黒球温度

で使う単位は摂氏(℃)になります。

暑さ指数は湿度が70%と大きな割合を占めているのは、湿度が高くなると汗が蒸発しにくくなって、体の温度調整ができにくくなって、熱中症になりやすくなるからだそうです。

気温が同じでも湿度が低い時より、高い時の方が熱中症になる人が多く、暑さ指数が28℃を超えるときは危険になるそうです。

日常生活に関する指針

温度基準

(WBGT)

注意すべき

生活活動の目安

注意事項

危険

(31℃以上)

すべての生活活動で
おこる危険性
高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。

厳重警戒

(28~31℃)

すべての生活活動で
おこる危険性
外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。

警戒

(25~28℃)

中等度以上の生活
活動でおこる危険性
運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。

注意

(25℃未満)

強い生活活動で
おこる危険性
一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

(日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針Ver.3」(2013)より)

他にも運動に関する指針や作業者に関する指針があるそうです。

暑さ指数を調べましょう

出掛けたり、運動する時には暑さ指数を事前にしっておくことも大事です。

全国の暑さ指数(WBGT)

暑さ指数メール配信サービス

環境省の熱中症予防情報サイトの中に暑さ指数メール配信サービスがあります。

観測地点や、配信レベル等を設定しておくと、熱中症予防情報メールが届きます。

登録はこちらのサイトです。

環境省 熱中症予防情報サイト

熱中症予防を十分してください、

7・8月は熱中症予防強化月間だそうです。

環境省熱中症予防情報サイト 熱中症予防強化月間

この配信サービスを上手に活用して、しっかりとした熱中症予防をしてください。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました