環境を考えて使い捨てストローを使うのをやめました【体験談】

NORI(@norino_mono)が個人的にストローが必要になったと環境を考えて、使い捨てストローの使用をやめて、再利用できるステンレスストローを購入して使い始めましたのでそれについて書いてみたいと思います。

使い捨てストローをやめました

数年前からマイクロプラスチックの問題が取り上げられるようになり、スターバックスやマクドナルドなどではプラスチックストローを廃止して紙製のストローへの切り替えを進めるなど発表されました。

地域ニュースでも、麦わらのストローや洗って再利用できる金属製のストローへの切り替えを始めた飲食店が取り上げられたりしています。

100均やネットショッピングでも、以前のプラスチックストローだけだった時から紙ストローや金属製のストローの品揃えも増えてきました。

使い始めたきっかけ

少し前に、首をやっちゃいまして整形外科に通っているんですが先生に「首を後ろに反らせちゃいけないよ!飲み物を飲むときもストローがいいかなぁー」と言われて使い捨てないストローを探し始め、シリコンや金属などイロイロの種類がありましたが、ステンレス製ストローを購入して使い始めました。

ステンレスを選んだ理由

金属製でもチタンやステンレス、アルミなどの種類がありました。

普段、自宅や事務所、コンビニなどでコーヒーを買ったりした時など、使うシーンがいくつかあるので、本数が少し必要だった事があり、一本の単価の高いチタンは落選。

ステンレスとアルミは値段が同じくらいだったのですが、ステンレスの方が丈夫でハイターなどで消毒しても塩素に侵されないイメージ?が僕にあったのでステンレス製に決定しました。

ステンレスストローの種類と選び方

ステレンレスストローを検討すると、いろいろな種類があります。

  • ”真っ直ぐタイプ”と曲がりのあるタイプ
  • ”ステンレス素地の色”と”着色されたタイプ”
  • ”持ち運び袋付き”と”ストロー本体のみ”
  • ”洗浄用ブラシ付き”と”無し”

など、色んなタイプがあって使うシーンを想定してからじゃないと、ちょっと迷ってしまうくらいです。

僕はこの時点でステンレスと決定してあったのですが、素材が決まっていない状態ですと選択肢はまだまだ増えます。

僕の選択した基準は、

  • 真っ直ぐと曲がりが合わせて入っているタイプ
  • 色は特に気にしなかったので、条件としては一番最後
  • 使う場所は、自宅、事務所と出掛ける時の持ち運びもあり。
  • 洗浄ブラシは、付いていてほしい。

だったので、比較的早く選べました。

ステンレスストロー

僕の購入したステンレスストローはこちらです

真っ直ぐと曲がったタイプの両方入っていて、本数も8本(曲がったタイプと真っ直ぐのタイプを1セットとして事務所、自宅、持ち運び用と使えたりします)、洗浄用ブラシも3本付いていて、収納袋もあります。

商品内容

曲がりストロー×4本、真っ直ぐストロー×4本、洗浄用ブラシ×3本、持ち運び用の袋

ステンレスストロー

しっかりとした作りですがちょっと重いです。耐久性はバッチリそうです。

吸い口は、口の中を切ったりしないようにしっかりと処理されています。

ステンレスストロー

ブラシを差し込むと反対側からちょこっとだけ、頭を出す位の長さです。

ステンレスストロー

使い勝手

マクドナルドのコーヒーをステンレスストローで飲んでみました。

ステンレスストロー

肌触り?口触り?はプラスチックのストローと違って飲み物の温度が直に伝わってきます。この商品には書いてありませんが、冷たい飲み物専用と書かれているのも多いです。

金属臭さって言うんでしょうか?そんなのがありません。

お掃除

洗浄用ブラシが付いていますので、そのブラシを使ってあらいます。

外側はスポンジの柔らかい方でゴシゴシやっています。

お茶や麦茶などを飲んだ後、すぐに洗うので僕は毎回ブラシを使う事は少なくて、スプレータイプの洗剤を吹き付けて少し置いてから水で流していることが多いです。

普通のストローだと使い捨てちゃうので洗う事はありませんが、このステンレスストローは乳白したプラスチックストローより中が見えないので、先日洗剤を吹き付けたまま途中だったのを忘れてしまって、洗剤を吸い込んでしまったことがありました(焦)みなさんも、お気を付けください。

まとめ

ステンレスストローを使ったメリット

ゴミが出ない

環境に優しい

ステンレスストローを使った僕なりのデメリット

購入する値段が高い(コンビニやコーヒーチェーン店ですと無料)

洗う手間が面倒くさい(妻も言っていました。もしかして、水道代、洗剤代もかかる?)

外出時に持って出るのがめんどくさい

でも、使ってみましょう!

ウミガメの鼻の穴から引き抜かれたストローの動画を見てショックを受けられた方も多かったと思います。

うちの小学校低学年の子供もこの画像を心配そうに見ていて、ストローを自分用に欲しいと言って使い始めました。

でも、ストローが悪いよりゴミの管理をしっかり(使ったストローを回収して処分)できれば、今のプラスチックストローでも問題ないと思いますが…

昔、祖母が入院した時も、飲み物をストローで飲んだりと今後ストローが必要になってくる事も多くなってきます。

昔は、マイバックを持っている人も、マイ箸を持っている人も少なかったですが、スーパーの袋が無料で無くなってきてからマイバックを持っている方が増えてきた気がします。

ストローも今は、まだ少ないかもしれませんが、ちょっと先取りもいいかもしれません。

未来の子供たちの為、未来の地球の為に、今からちょっとだけでも環境問題に取り組んで行ければと思いますでの、是非試しに使ってみてください。

最新情報をチェックしよう!
お問合せ
お問合せ