【検証】自然の風の扇風機 コアンダエアを使ってみた 

扇風機扇風機・サーキュレーター
この記事は約3分で読めます。

まだ、梅雨の真っ只中ですが、太陽が顔を出した日は暑かったりしますね。

暑いんだけど、扇風機を回せばエアコンは、まだ点けなくても大丈夫だったりする日も多いですね。我が家は、冬の間もエアコンで暖房をしながら、サーキュレーター代わりに扇風機を使っていますので、すでに扇風機はスタンバイ状態です。

スポンサーリンク

我が家の主力扇風機は…

おすすめ扇風機の選んでみました。

以前使っていた扇風機(メーカー不明)の首が折れてしまって扇風機では無くなってしまったので、ネットで検索したり、家電量販店を廻ったりして店員さんのお話をいろいろと聞いたり、エコ関連の研修会で得た情報などをまとめて機種の選定をしました。

省エネな扇風機

扇風機って、羽根が回って風を送るだけだから、省エネってそんなに関係ないんじゃないって思っていましたが、同じ羽根のサイズの扇風機でも、だいぶ違いました。

以前の扇風機は、AC(交流)モーターのみでしたが、2012年頃からDC(直流)モータータイプが発売され始めました。販売価格は、AC(交流)<DC(直流)とDCモータータイプの方が高いのですが、消費電力が小さかったり、モーターの回転を細かく調整できてサーキュレーターとして使えるそうで、DCモータータイプを選びました。某メーカーのカタログで同じく羽根のサイズが30cmのもので、ACモーターが30W、DCモーターが15Wと倍も違うのがありました。

モーターの回転を細かく調整できるDCモータータイプのため、以前ですと、「弱」「中」「強」のようにボタンで風量を調整していたタイプが、ボリュームを回すことで微妙な調整まででき、「弱」じゃ弱いんだけど、「中」じゃちょっと強すぎるんだけど…と言うような事が、無くなりました。

自然な風

我が家が扇風機を買い替えのタイミングに、ちょうどツインバード工業(株)のコアンダエアがイロイロなところ取り上げられ、羽根の形状が少し変わっていて、それによって自然のようなやさしい風が吹くとの事で、それも選択した大きな要因でした。

1年中使えるから、ちょっと高くても…

以前受講したエコの講習会で得た情報で、エアコンで冷房をするときに扇風機やサーキュレーターを同時に使うと、体感温度(肌で感じる温度)を下げ、涼しく感じられ、エアコンの設定温度を1℃上げると約10%の省エネルギーになるそうです。

冬の暖房の時期も、扇風機を使って部屋の空気をかき混ぜ、天井付近にたまりやすい暖かい空気が足元まで温めることができます。上手に使えばエアコンの設定温度を2℃下げられれば、約10%の省エネを達成できるそうです。

一年中使えるので、ちょっと価格が高くてもDCモータータイプを選ばない選択は無いと思います。

購入したのは…


ここも見てください

期使用製品安全点検制度

2009年4月以降に製造された対象の家電製品の中に「長期使用製品安全表示制度」というものが義務つけられていて、扇風機はそれに当てはまり、下記のような表示があります。

 【製造年】20XX年
【設計上の標準使用期間】
○○年 設計上の標準使用期間を超えて使用されますと、経年劣化による発火・けが等の事故に至るおそれがあります。

保証期間では、ありませんが、
電気用品安全法に基づき、標準使用条件の下で使用した場合に経年劣化により安全上支障なく使用することができる設計上設定されたものです。

日本電気工業会ホームページ

おまけ

日本電気工業会さんの「快転せんぷうき」のホームページです

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました