敬老の日は9月15日じゃなくなったけれど何かプレゼントを考えたいです(アラフィフ息子から70代後半両親へ)

この記事は約3分で読めます。

9月に入っても暑い日が続いていますが、カレンダーを見ると2019年は9月16日(月)が敬老の日なんですね。

スポンサーリンク

敬老の日

小学校の時に、国語の授業で書いた祝日の作文が学校で賞をいただいたのを思い出しましたが、アラフィフの僕にとって敬老の日は9月15日でした。

ハッピーマンデー制度で平成15年より9月15日から第三月曜に変更されたそうです。(平成15年はたまたま第三月曜日が9月15日だったそうです)

70代に敬老の日に何かプレゼントをしよう!

僕の両親は健在で70代半ばになります。妻の母は数年前に他界しましたが、義父は70代前半ですがまだまだ元気でお米作りをしています。

両方の親に何かプレゼントを…と言うと、「そんな歳じゃないから…」と断られますが、僕の子供の頃だったら完全におじいちゃん、おばあちゃん。杖をついて歩いている人も多かったですが、僕の住む田舎では車が無いと生活できないので車に乗ってブンブン走っている人も多いです。

中央分離帯のある広い道路もないし、車の通りもそれほど多くないおかげか、事故は高齢者より若い人が無理やり曲がった時とか、スピードを出し過ぎて曲がれなかったみたいな場合が多いです。

親に聞いても遠慮しているのか断られるので何が欲しいか分かりません。

父、義父とも歳を重ねるごとにお酒の量は減っているみたいで、以前プレゼントしたちょっとお高めの焼酎も残っているみたいです。母もお花とかはいらないっていいますし、甘いものを食べるのも減ってるみたいです。

最近、終活とか言って片付けもしてますので、絵とか置物とかもいらないって言われています。

欲があって、あれ欲しい!これ欲しい!って言ってくれれば楽なのですが、なかなか難しいです。

70代の親に送る敬老の日のプレゼントを考えてみました。

スポンサーリンク

ネットショップで探してみました

食べ物だと好みがありますし、いろいろ探してみました。

甘酒

「飲む点滴」と言われるくらいに栄養があるそうで、甘いけれど夏の疲れを残さないように飲んでもらうのにいいかもしれません。

手作り めがねスタンド

息子や娘からだと遠慮しちゃうんですが、僕の子供からだと素直に受け取ってくれます。

保育園に通っていた時は、おじいちゃんおばあちゃんに渡す工作などするのですが、小学校に入ってからは無くなりました。おじいちゃんおばあちゃんがいない子供さんへの配慮なのかな?と思います。

メガネや老眼鏡を使う高齢の祖父母には使ってもらえそうな「めがねスタンド」を子供(孫)が作って渡すのも楽しそうだなと思いました。

スポンサーリンク

まとめ?

敬老の日に何かプレゼントしようと思っても、毎年毎年の事でなかなか思いつきません。

兄弟も近くに住んでいて、その子供(甥や姪)は大きいので働いていたりアルバイトしていたりして何かしてくれます。うちの子供はまだ小さいのでもうしばらくは、何か手作りした物(食べ物を除く)を子供から渡してもらおうと思いました。

今回もまとまらなくてすみませんが、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました