急に暑くなったので、熱中症対策について調べてみました。

熱中症にきをつけましょうライフスタイル
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、NORI(@norino_mono)です。

台風が通り過ぎた後、暑くなるので熱中症に注意してくださいと情報番組で言っていましたので、熱中症対策をもう一回調べたみた事を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

熱中症

熱中症とは何か

・体温を平熱に保つために汗をかき、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)の減少や血液の流れが滞るなどして、体温が上昇して重要な臓器が高温にさらされたりすることにより発症する障害の総称です。高温環境下に長期間いたとき、あるいはいた後の体調不良はすべて熱中症の可能性があります。

・死に至る可能性のある病態です。

・予防法を知って、それを実践することで、完全に防ぐことができます。

・応急処置を知っていれば、重症化を回避し後遺症を軽減できます。

出典:熱中症環境保健マニュアル2018(環境省環境保健部環境安全課)

分かりにくいけれど、体の中で発生した熱がこもって体温が上昇して、体調が悪くなることかな?

 

熱中症を引き起こす3つの要因

環境

  • 気温が高い
  • 湿度が高い
  • 風が弱い
  • 日差しが強い
  • 閉め切った室内
  • エアコンがない
  • 急に暑くなった日
  • 熱波の襲来

からだ

  • 高齢者、乳幼児、肥満
  • からだに障害のある人
  • 持病(糖尿病、心臓病、精神疾患等)
  • 低栄養状態
  • 脱水状態(下痢、インフルエンザ等)
  • 体調不良(二日酔い、寝不足等)

行動

  • 激しい運動
  • 慣れない運動
  • 長時間の屋外作業
  • 水分補給がしにくい

色んな環境、体調、行動で熱中症になるみたい

熱中症を予防するには

  • 涼しい服装
  • 日陰を利用
  • 日傘・帽子
  • 水分・塩分補給
  •  

ほかにも…

  • ムリをせず徐々に身体を暑さに慣らしましょう
  • 室内でも温度を測りましょう
  • 体調の悪いときは特に注意をしましょう

熱中症の予防はたくさんあるみたいだから、気を付ける事いっぱいあるね。

熱中症を疑ったときには何をするべきか

熱中症環境保健マニュアル2018によると下記の様に書かれてます。

熱中症を疑った時には、放置すれば死に直結する緊急事態であることをまず認識しなければなりません。重症の場合は救急車をよぶことはもとより、現場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。

現場での応急処置

①涼しい環境への避難

風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内等に避難させましょう。傷病者が女性の場合には、②の処置の内容を考慮して男女で救護する事をお勧めします。

②脱衣と冷却

  • 衣服を脱がせて、体からの熱の放散を助けます。きついベルトやネクタイ、下着はゆるめて風通しを良くします。
  • 露出させた皮膚に濡らしたタオルやハンカチをあて、うちわや扇風機等で扇ぐことにより体を冷やします。服や下着の上から少しづつ冷やした水をかける方法もあります。
  • 自動販売機やコンビニで、冷やした水のペットボトル、ビニール袋入りのかち割り氷、氷のう等を手に入れ、それを前頚部(首の付け根)の両脇、腋窩部(脇の下)
  • 部(大腿の付け根の前面、股関節部)に当てて、皮膚直下を流れている血液を冷やすことも有効です。
  • 体温の冷却はできるだけ早く行う必要があります。重症者を救命できるかどうかは、いかに早く体温を下げることができるかにかかっています。
  • 救急車を要請する場合も、その到着前から冷却を開始することが必要です。

③水分・塩分の補給

  • 冷たい水を持たせて、自分で飲んでもらいます。冷たい飲み物は胃の表面から体の熱を奪います。同時に水分補給も可能です、大量の発汗があった場合には、汗で失われた塩分も適切に補える経口補水液やスポーツドリンク等が最適です。食塩水(水1Lに1~2gの食塩)も有効です。
  • 応答が明瞭で、意識がはっきりしているなら、冷やした水分を口からどんどん与えてください。
  • 「呼びかけや刺激に対する反応がおかしい」、「答えがない(意識障害がある)」時には誤って水分が軌道に流れ込む可能性があります。また「吐き気を訴える」ないし「吐く」という症状は、すでに胃腸の動きが鈍ってる証拠です。これらの場合には、口から水分を飲んでもらうのは禁物です。すぐに、病院での点滴が必要です。
以前紹介した、アイススラリーも効果ありそうです

④医療機関へ運ぶ

  • 自力で水分の摂取ができないときは、塩分を含め点滴で補う必要があるので、緊急で医療機関に搬送する事が最優先の対処方法です。
  •  

など、書かれています。(熱中症環境保健マニュアル2018(環境省)

熱中症環境保健マニュアル2018に書かれていたコラム

熱中症環境保健マニュアルの中やコラムで、ちょっと気になったものがありましたので見出しだけ書いてみます。

急に暑くなる日に注意しましょう

暑さに慣れるまでは、熱中症になりやすいそうなので、

身体が暑さになれるまでは、熱中症になりやすいので気をつけなきゃいけないみたいだね。

冷夏でも発生する熱中症

猛暑、冷夏にかかわらず、熱中症に注意しなくちゃいけないんだって!

常日頃から、体調管理を行ない、ムリをしないように気をつけてください。

熱中症を知るための情報

上記は、熱中症環境保健マニュアル2018(環境省)を参考にさせていただきました。

環境省熱中症予防情報サイト

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました