お出掛けのドライブ中で怖い運転の車に出会いました。

こんにちは、NORI(@norino_mono)です。

背中の痛みも、いつもの病院で少し増やしてもらった痛み止めのおかげで、少しは落ち着き先日家族で出掛けてきました。

ドライブ中に見かけたイロイロな危険だったり怖い運転に出会った事について書いてみたいと思います。

ドライブ中に出会った怖い運転

高速道路

日曜の朝、子供が以前から行きたいと言っていた観光地へ家族で出掛けました。

夏休み最後の日曜と言う事で、高速道路を含め道はそこそこ混んでいましたが、行きは思ったよりスムーズでほぼ予定の時間通りに到着して、観光をしたり、ご飯を食べたり、イロイロと体験できました。

帰り道、4時位でしたが高速道路に乗ると結構な混雑。

高速道路

追い越し車線が混雑して走行車線がガラガラ

三車線の区間では、左車線にトラックがいたので中央の車線を走っていました。オートクルーズ機能で100Km/hに設定して走っていて、前に遅い車がいると追い越し車線に出て追い抜いて、戻ってと言う走り方をしていました。

途中、100Km/h中央の車線に前の車が少なくて、順調に流れていました…右の追い越し車線は繋がっています(謎)

僕は、もう25年くらい前に、先輩や友達とツーリングに出掛けていて、高速道路に乗った区間で、先に行ってしまった先輩達を追いかけて、友達と追い越し車線を走っていたら…パトカーに停められました(汗)

スピードが出ていたみたいですが(汗)、二人とも「通行帯違反」で切符を切られました…

(車両通行帯)
第二十条  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。ただし、自動車(小型特殊自動車及び道路標識等によつて指定された自動車を除く。)は、当該道路の左側部分(当該道路が一方通行となつているときは、当該道路)に三以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じ、その最も右側の車両通行帯以外の車両通行帯を通行することができる。

高速道路で、追い越し車線をずーっと走っていたら違反になるんですね(汗)

僕が以前捕まった時に聞いたのは2キロくらいなら大丈夫って言ってた気がしましたが、ネットで1.5キロで切符を切られた…とか距離は関係なく、追い越しが終わったら、走行車線に戻らないといけないんですよね。

その時は、そんな違反があるのは全然知らなくて、捕まってから知りました。

捕まらないからかもしれませんが、この違反は最近「あおり運転」のニュースで取り上げられたりしていますが結構知らない人多いみたいですね。

左車線から抜かれる

高速道路の三車線区間の中央車線を走っていると、右の追い越し車線も混雑しているタイミングで、左車線が空いたタイミングで、左のドアミラーにすごいスピードで走って来る車が写りました。

ちょうどその区間は普通自動車が120Km/hで走れる区間。(これを書くとどの辺りか分かっちゃう方いますね(笑))

120km/h近くで走ってて、すごい速度差を感じられる位で抜いていくって結構なスピードだったと思います。

それ以前に、確か左からの追い越しは禁止でしたよね?その後、左車線にトラックが走っていて、少し混んだ中央車線にウインカーを出さずに入っていきました。こんな追い抜きに二回ほど遭遇しました。

先日のあおり運転のニュースでも左車線から追い抜くのは…って事故鑑定人の方や、警察OBの方が違反だって言ってましたが、そう言うニュースなど見られてなかったのかなって思いました。

左から抜いていった車種は国産でしたが高級SUVでした(汗)

一般道路

下道でも

車間距離

前方を走っている地元のお店の社用車が、その前の車に車体一台分くらいの間隔でくっついて走っているのを見ました。田舎なので、制限速度が40km/hが道が広くなって50km/hになって、また狭くなって40km/hみたいな区間があるんですが、前の車が50km/hにすると、同じ間隔のままくっ付いていきます。

途中、社用車の前の車が横に避けて社用車をやりすごしていました。

少し走って社用車のお店の前を通る時に、その社用車からどうみても、僕より上の世代のおばさま(汗)

どう見てもあおり運転をするように見えないのですが、意識的に前の車との車間距離を詰めているわけじゃなくって、癖みたいな物なんでしょうか?

普通に考えると、一般のお客さんを相手に商売しているお店なので、会社の看板を背負ってるからイメージダウンしないように気を遣うと思うのですが…。

意識して車間距離を詰めているならともかく、息をするみたいに当たり前に前方の車をあおったような運転をする人って、怖いです。

田舎道

地元は対向二車線。歩道があったり無かったりするくらいでそんなに広くない道路幅です。

田舎だと、移動手段が少ないので普段の足として自転車も走っていますし、ロードバイクの方も走りに来ています。

対向車線に自転車が走っていて、僕がちょうど自転車とすれ違うくらいの時に対向車が、センターラインを越えて反対車線にはみ出して自転車を追い抜いていきます

うちの方でも少し都会に出れば道路が広くて、余裕があるので自転車を追い抜くのに対向車線にはみ出さなくても大丈夫ですが、こんな事は日常茶飯事です。

田舎のカーブ

田舎なので、カーブは結構多いです。

どっちにしても道路幅が狭いので、カーブを曲がりながら内側になる車線にはみ出てくるのは当たり前。

そんな道を通らなければいいじゃん!ってのもあるかもしれませんが、田舎ですと一本横の道は遠回りだったり、どこかへ行ってしまう事もザラです。

北海道程じゃありませんが、ナビで目的地を過ぎちゃってその先を曲がる案内が出た後、Uターンしてもとに戻る案内がでたりする位、一本横の道は並走している訳じゃありません。

交通ルールの復讐ともしもの為に

僕が免許を取得して今年で30数年(汗)

最初の頃は、運転が上手にならないな…って思っていて、気が付けば経験を重ねましたが、目が悪くなり判断力も劣り、自分の中で運転がうまくならないうちにヘタになっている気がします。

毎日運転をしながら、一応ゴールド免許で数年おきに免許の更新をしています。

交通ルールが変わったりしてるけれど、免許を取ってから交通ルールの勉強するのは数年に一回の更新の時に見るビデオだけ。自動車学校の時に覚え忘れて、試験に出なかったルールは免許を取った後でも僕の「通行帯違反」みたいに知らない事があったりしますよね。(従兄も同じ違反で切符を切られていました)

自分の為もありますが、みんなに迷惑をかけない為にも、あおり運転のきっかけにならない為にも、もう一度交通ルールを読もうと思いました。

最後まで、読んでいただきましてありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
お問合せ
お問合せ