7月末の今日は猛暑日でした炎天下での僕の水分と塩分の補給方法です

熱中症にきをつけましょうライフスタイル
この記事は約4分で読めます。

7月も今日で終わりですが暑い一日でしたね。

こんにちは、NORI(@norino_mono)です。

Yahoo!ニュースで「猛暑日が140地点超え、東京や名古屋は今年一番の暑さを更新」って出ていましたね。

今日は外での仕事で、炎天下のバルコニーの上にいました。

氷を一杯入れたステンレスボトルに水を入れたのと、塩飴を持っていきました。

冷蔵庫の自動製氷機能とポット型浄水器は大活躍です。


途中少しフラッと感じたので10時の休憩の少し前でしたが、 日陰に入って水分補給と塩分チャージです。

この時期の外仕事の人は、休憩時間問わずにこまめに水分補給しないといけません。と言う事で外で仕事をする僕の水分と塩分の補給について書いてみます。

水分補給と塩分補給

僕はスポーツドリンクを全く飲まない訳じゃないのですが、飲んでると飽きてしまうので、普段は水で、喉がすごく乾いた!って時に、スポーツドリンクを飲むようにしています。

(風邪やインフルエンザで熱が出ているときには、スポーツ飲料を飲んでます)

僕は甘いものが大好きで和菓子からケーキやプリン、アイスも大好きですが、甘い飲み物は少しあればいい感じで、500mLのペットボトルだとちょっと多すぎるくらいです。ですので、スポーツドリンクもちょこっと欲しい位でそんなに沢山飲めません。

汗をかく時期に水ばかり飲んでいると、血液中のナトリウム濃度が薄まって⇒ナトリウム濃度を下げないように体が水を飲みたくなくなり、体の余分な水分を尿として排出されて⇒体液不足⇒熱中症の原因になるそうです。

大塚製薬さんのサイトには、すごく分かりやすく書かれています

効率的な水分補給|大塚製薬
熱中症は強い日射しの下で運動や作業をする時だけに起こるものではありません。熱中症の正しい知識や対策・対処法を学び、暑い季節も安全に過ごしましょう。「熱中症からカラダを守ろう」、「効率的な水分補給」のページです。

で、水分補給の際には塩分も大事ですので、水をステンレスボトルに入れて持って行ったときに欠かせない塩分補給方法です。

塩分チャージタブレット

このタブレット以前から、会社で塩飴を持たされたんですがなんにしても暑い中、帰ってくるとデロデロに溶けてしまって、小包装のタイプでも昔からある両端を引っ張ってクルクルって開けるタイプの物ですと袋の中で

合体!(トムブラウン)

してしまって、次の日に持って出掛けられなくなり、しまいには塩飴自体を持って行かなくなっちゃったりしました。

この塩分チャージをドラッグストアで発見した時は、画期的なものが出たなと思いすぐに購入。次の日から外仕事の時に持っていく様になり、数年経ちます。会社のトラックの中に入れておいても溶けないので管理が楽です。

春日井の塩あめ(伯方の塩使用)

うちの母が買って、もらって美味しかったのでアップしました。

この暑い季節、朝早くから家庭菜園の手入れをしていて気付くと太陽がカンカンに照っている時間らしく、水や麦茶と一緒に食べるそうです。

程よい塩加減と、程よい甘さがマッチしていて、他の塩飴はあまり食べた事の無い僕が言うのも何ですが、ホント美味しいです。

他にもイロイロあると思いますが、今年に入ってから口にした塩分補給のタブレット、飴です。

塩分の取り過ぎに注意が必要です

これも良く言われていますが、塩分の取り過ぎには十分注意が必要です。

アラフィフの僕は、高血圧でしてかかりつけの病院の先生から塩分の取り過ぎには十分注意する様に言われています。夏になると汗と一緒に塩分が出て行ってしまうそうですが、気を付けています。

大人の塩分の摂取量は6g未満と言われているそうですので、気を付けながら摂取した方がよさそうですね。

今日紹介した塩分補給の飴です

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました